金融業界のデジタルマーケティング入門「金融マーケナビ」

データ分析マーケティング事例

FIT2020 onlineセミナー開催レポート【福邦銀行様ご登壇】「前年比146%増」の個人ローン申込獲得数を実現したスキームの導入から運用まで(第二弾)

2020年11月2日 61 Views

シナジーマーケティング 金融ビジネス推進グループの前岡です。

「【福邦銀行様ご登壇】事例紹介:非対面でのローン受付スキームで「前年比146%」申込獲得増加」というタイトルでFIT2020 onlineに参加しました。

講師として福邦銀行 業務支援部 IT戦略室 ローンセンター所長 伊東祐嗣様にご登壇いただき、ローンWeb受付スキームの検討から導入、運用までの詳細を赤裸々にお話しいただきました。

この記事ではその内容をお届けいたします。
※この記事は下記記事の続きをまとめた記事となります。
もし第一弾をご覧になっていない場合は、ぜひ下記よりご覧くださいませ。

FIT2020 onlineセミナー開催レポート【福邦銀行様ご登壇】「前年比146%増」の個人ローン申込獲得数を実現したスキームの導入から運用まで(第一弾)

課題解決②:仕組みの設計(Web受付フロー/Web申込フォーム)

商品設計に合わせて、Web受付フロー・Web申込フォームといった仕組みについても再設計を行いました。

Web受付フローの再設計

まずローン商品を最適化したことに合わせて、Web受付フローの一元化を実施しました。

元々ローン商品ごとにWebフォームを用意していたため、リトライ審査や同時審査等を実施することはできませんでしたが、商品を最適化したことでWebフォームを一元化することができたため、銀行が審査先をコントロールできるようになり、リトライ審査や同時審査の実装が可能となりました。

また業務効率化の観点では、下記の部分を評価いただいております。
これらは今までローンセンターにて人力で実施されていた部分であり、これらが自動化されたことによりローンセンターの業務効率化につながりました。

・Webフォームでの申込時に本人確認用画像も同時に徴求可能
・審査ステータス管理システムからSynergy!に審査結果を返すだけで、自動で諾否結果がお客様に配信される(メール&SMS)
・「Web完結型商品/来店契約型商品」といった手続き分岐もSynergy!で設計し必要情報を自動配信
・手続きが未完了のお客様へのリマインド連絡を自動配信(メール&SMS)

Web申込フォームの「離脱率の改善」を意識した設計

Web申込フォームの「離脱率」は申込獲得に直結するポイントです。
ここはシナジーマーケティングとしても強く申し上げたいポイントです。
伊東様も講演の中で「離脱率が90%から80%になるということは、申込率が10%から20%と2倍になるということです。なのでフォーム最適化には小さなことでもこだわって設計していただきたい。」とおっしゃいました。
下記事例でもご案内しているように、申込フォーム最適化は小さなことの積み重ねです。
ただこの積み重ねが申込数146%増につながっているということを伊東様も実感されていました。

ローン受付フォームが実行数・貸付残高に及ぼす影響とは【中国総合信用株式会社様事例】

課題解決③:表現の見直し(キャラクター・Webサイト)

この記事でもいろんな場所に出てきていますが、ヒトの記憶や印象に残るために、キャラクターの存在は手助けをしてくれます。

福邦銀行様では「ほーすけ」というキャラクターを新たに作成し、Webサイトの表現に活かしました。

また「ほーすけ」の名前はネーミング募集キャンペーンによる一般の方からの応募の中から決定しました。

・「福邦銀行の『ほう』が由来」
・「CMの『ほーほーふくほー』の韻にあっている!」
・「お金のお悩みを『助ける』」

といった、応募者のさまざまな想いがこもったキャラクターが、Webサイト上でお客様のお悩みを助けてくれています。

Webサイト上でのほーすけの活躍が気になる方は、ぜひ下記特設サイトよりご覧ください。

ふくほうの個人向けローン | 福邦銀行

今後の展望

伊東様からは今後の展望として、下記のようなお話をいただきました。

・Web申込の対象ローンの種類を増やしていきたい
・セミナー受付をSynergy!で受け付けたい
・Synergy!に格納されたローン申込者やセミナー参加者データをマーケティングに活用していきたい。

視聴者の感想

セミナー後アンケートの結果から「参考になった・大変参考になった」という回答が100%と、非常に有意義なセミナーとなりました。

またご参加いただいた方からは下記のようなご意見もいただいております。
・福邦銀行様の説明が大変わかりやすく、参考になった。
・今回聞いた内容を、早速来期の検討課題として起案します。
・大変参考になる内容でしたので、FITの後日配信を繰り返し視聴します。

最後に

福邦銀行様にご登壇を快諾いただいた際、伊東様からこのような言葉をいただきました。

「シナジーさんのシステムの導入検討の際、先行で導入されていた仙台銀行様などにお話をたくさん聞かせていただき、非常に参考にさせていただき、導入の決め手になりました。

次は福邦銀行が、他の金融機関様のシステム導入の一助になれればと思います。なので導入を検討されたり、「そもそも福邦銀行が何してるのか詳細を知りたい」といった金融機関様がいらっしゃったら、お気軽にご紹介・ご相談ください。」

通常このようなことを書くのは憚られるかも知れませんが、ご支援企業の担当者様からこのようなお声掛けをいただくのは非常にうれしく、担当者冥利に尽きます。

シナジーマーケティングとしても、多数の金融機関様が自社の成果向上につなげていただけるよう、今後も精一杯ご支援させていただく所存でございます。

「シナジーマーケティングに相談してみたい」
「福邦銀行 伊東様のお話を聞いてみたい」
「セミナー資料の完全版が見てみたい」
という方がいらっしゃいましたら、ご用件に応じて適宜ご対応させていただきますので、お気軽に下記までご連絡いただけますと幸いです。


シナジーマーケティング株式会社 金融ビジネス推進G
TEL:06-4797-2300
E-mail:fbu@synergy101.jp
商談受付フォームは こちら


最後までご覧いただきありがとうございました。

金融マーケナビメールマガジン登録はこちら! ※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。