金融業界のデジタルマーケティング入門「金融マーケナビ」

事例

【事例紹介】さわやか信用金庫様_WEB完結型商品販売に伴うローンページ改修施策のご紹介

2022年2月24日 218 Views
さわやか信用金庫

シナジーマーケティング 金融ソリューション事業部の杉本です。

さわやか信用金庫様にて、WEB完結型商品販売に伴いローンページの改修施策を行いました。
WEB完結型商品の販売を実施される金庫様も多く、来店型と両方を訴求していく必要性もありますので、どのような点を工夫されたのかせっかくですので金融マーケナビでもご紹介ができればと思います!

さわやか信用金庫様について

さわやか信用金庫様は東京都港区に本店のある信用金庫です。
東京都と神奈川県を営業エリアとしており、中小企業と地域に暮らす人々を金融のプロフェッショナルとして応援することをモットーに、信用金庫業界のリーディング・カンパニーを目指して参ります。

さわやか信用金庫様での取り組み

さわやか信用金庫様では、よりお手軽に申込みいただけるローンサービスの実現を目指し、WEB完結型商品の販売を実施いたしました。
Face to Faceも重要視されておられる信用金庫様におきましては、来店型商品もありますので、WEB完結型商品と従来の来店型商品との違いはもちろん、サイトトップからローンを検討されているお客様が迷いなく申込フォームまでたどり着けるよう、導線および視認性を重視したWEB環境をご提供いたしました。

工夫したポイント

①トップページの誘因

コロナ禍の影響でお客様との接点も少なくなっております。
さわやか信用金庫様でもWEB完結型商品の販売をスタートされましたが、できるだけ多くのお客様に気づいて頂くことが重要だと考えました。
そこでトップページに大きくバナーを掲載し、文言においても利用者目線で【WEB完結=お申込みからご契約までWEBで完結】とのメッセージも含め気づきを与えるように工夫しております。

トップページ

②情報を詰め込み過ぎない

WEBサイトにおきましては、新聞や書籍のように情報を詰めこみ過ぎると、逆にわかりにくくなり離脱要因につながる可能性が高くなります。

例えば、信用金庫様のマイカーローンの商品説明ページでは、商品が3種類(来店型2種類、WEB完結型1種類)と種類が豊富な分、融資利率はもちろんのこと、使いみち、利用対象など、それぞれ商品によって異なります。

今回商品ページ制作におきましては、可読性が高いものではないことを前提とし、視認性を向上させる工夫をおこないました。
ページ構成の工夫ポイントは以下2点です。

(1)トップに簡易的な商品比較表配置しお客様が検討商品を絞れる状態にする
(2)スクロール後に詳細の比較表配置し詳細内容を把握いただける状態にする

このように情報が整理された導線にするだけで、分かりやすいページとなります。

マイカーローントップページ
マイカーローン詳細ページ
教育ローントップページ
教育ローン詳細ページ

その他導入事例のご紹介

さわやか信金アプリ」のリニューアルにおいて、アプリデザインも当社でお手伝いさせていただきました。
これまで以上に「もっと便利に!もっと使いやすく!」お客様にご利用いただけるよう、ユーザビリティを高めたデザインを行っております。
こちらもぜひご覧くださいませ。

さわやか信金アプリ紹介ページ

勉強会のご相談はお気軽に!

「デジタルマーケのどこから手をつければよいか」「他の金融機関がどのようなことを実施しているか」など、デジタル化に向け担当されたばかりの方や、もっと効率よく運用したい方へ向けて弊社コンサルタントが個別で勉強会を開催しております。
自行・自庫内での勉強会の開催も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。
※開催形式は、オフラインでもオンラインでもどちらでも可能です。
また、弊社では金融機関様に向けたウェビナーを積極的に開催しております。
今後の開催予定は金融メールマガジンにて最新情報をご案内しておりますので、ご登録をいただけますと幸いです。

金融マーケナビメールマガジン登録はこちら! ※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。