金融業界のデジタルマーケティング入門「金融マーケナビ」

事例

【事例紹介】八十二銀行様×長野銀行様 B.LEAGUE公式戦来場者プレゼントでのデジタルギフト×Synergy!の利用

2024年2月14日 496 Views

シナジーマーケティング金融ソリューション事業部の前岡です。

八十二銀行様、長野銀行様にて、B.LEAGUE「信州ブレイブウォリアーズ」公式戦と連動した、来場者へのデジタルギフトプレゼントにSynergy!をご活用いただきました。

Synergy!の設定については、長野銀行のご担当者様が、デジタルギフト連携も含めご自身で管理画面より設定されました。ぜひ詳細をご覧ください。

八十二銀行様・長野銀行様について

八十二銀行様は長野県長野市に本店を、長野銀行様は長野県松本市に本店を置く銀行です。

2026年1月1日付けで「八十二長野銀行」として合併を予定されています。

長野銀行様では弊社のサービス「DX BOOSTER」をご活用いただくなど、様々なご支援をさせていただいております。

今回のお取り組みについて

1/21(日)に松本市総合体育館で行われた、B.LEAGUE「信州ブレイブウォリアーズ vs アルバルク東京」の試合にて、八十二銀行様と長野銀行様が特設ブースを出展されました。

当日は来場者向けに、新NISAの認知と獲得に向けた来場者の認識・ニーズの把握のためのアンケートを展開し、

  • アンケートに参加された方全員に100円分のデジタルギフトをプレゼント!
  • さらに抽選で選手との記念撮影、もしくは選手のサイン色紙をプレゼント!

と大盤振る舞いなキャンペーンが実施されました。

Synergy!を利用したアンケートについて

上記チラシの「来場者アンケート」の部分で「Synergy!フォーム機能」「giftee for Business連携機能」をご利用いただいております。

Synergy!フォームについては、設定のすべてを長野銀行ご担当者様が自らで設定いただいております。

標準機能の範囲での利用でも、画像を組み合わせることで、下記のように素敵なフォームを銀行内で構築いただくことが可能です。
(諸々の都合上、画像にはモザイクを書けております旨ご了承ください。)

giftee for Business連携について

Synergy!は、ギフティ社の「giftee for Business」と自動連携しています。
フォームを作成し自動連携させるだけで、アンケート回答者にデジタルギフトをプレゼントすることが可能です。
(事前にギフトを購入する、ギフトを発送する、といったキャンペーンによくある作業をすべてなくすことができます。)

発行されたギフトURLはメールやLINE、フォームの完了画面などで案内が可能です。
今回の施策では、アンケート回答後の完了画面と、サンキューメールを活用しギフトURLを自動発行、自動送付しています。

「giftee for Business連携」について興味のある方は、こちらのURLより動画をご覧いただけますと幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=aA2VJAvOUJs

連携設定についても、各管理画面の任意情報をコピペするだけなので、手軽に連携することが可能です。

giftee for Businessについて

giftee for Businessは、販促キャンペーンから福利厚生まで、シーンに適したギフトを1000種類以上のラインナップで取り揃えています。

約1000種類のラインナップから、ユーザー自身が好きな商品を自由に選べる「giftee BOX」や、様々なスマホ決済サービスのポイントを自由にえらべる「えらべるPay」など、ギフトを受け取るユーザーにとって選択肢が広がるデジタルギフトを提供されています。

Synergy!について

顧客管理システムSynergy!」はクラウドサービスとして提供しております。

  • Webフォームの構築
  • フォームに登録され、データベースに格納された顧客情報の閲覧
  • データベースに格納された顧客へのメール配信、LINE配信

が管理画面上からクリックベースで実現可能です。

実際に今回の事例のフォームについても、長野銀行ご担当者様がご自身ですべて設定されているように、金融機関のご担当者様でも操作しやすい管理画面です。

ご利用費用は従量課金制となっており、ご利用状況に応じて月額費用が決まります。
※Synergy!DB内の顧客データ件数に応じた課金となっております。
※最低レンジが「15,000円/月~(税抜)(※)」の月額費用となっております。
(※)顧客データ件数5,000件以内、DB/フォーム機能、のご提供

ご利用内容によっては、オンプレミスで自社開発されるよりも圧倒的に低コストでデジタル施策を展開することができます。

「こんなことやってみたいが、開発会社からの見積金額が高くて困っている。」
「ぶっちゃけると相見積もり先を探している・・・」
「デジタルで新しいことを始めたいが、何から始めればいいかわからない・・・」
「Webサイトの初歩的なところからやり方を教えてほしい」

というお話があれば、一度ご相談いただけますと幸いです。
※ご相談は無料でお受けしております。

金融マーケナビメールマガジン登録はこちら! ※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。